国営明石海峡公園 夢っこランドへは淡路口駐車場が近くて便利。持って行った方がいい持ち物も。

国営明石海峡公園

(最終更新日 2019/12/16)

兵庫県・淡路島にある国営明石海峡公園。
遊びに行かれたことはありますか?

明石海峡公園は甲子園球場の約10倍もあるとても広い公園なので、どの駐車場を利用するのがいいのか。
実際に遊びに行ってみて、持って行った方がいい持ち物なども分かりました。

そこで今回はこれから明石海峡公園に遊びに行かれる方へ

  • 夢っこランドで遊ぶ時のおすすめの駐車場
  • 明石海峡公園に持って行った方がいい持ち物

などを中心に、明石海峡公園についてまとめてみたいと思います。

明石海峡公園 夢っこランドへは淡路口駐車場が近い

明石海峡公園にはいくつか駐車場があります。

大型遊具がある夢っこランドで遊ぶなら、淡路口駐車場が近くて便利。
淡路口駐車場に車を停めて淡路口ゲートを進んでいくと、芝生広場があり、その奥に夢っこランドが見えてきます。

駐車場の料金は、普通車だと1日500円で利用できます。

明石海峡公園の入園料金・開園時間・休園日

  • 入園料
    15歳~65才未満 450円
    65歳以上 210円
    15歳未満 無料
    ※入園チケットを持っていれば、当日のみ再入場も可能です
  • 開園時間
    3/1~3/31、9/1~10/31 9:30~17:00
    4/1~8/31 9:30~18:00
    11/1~2/29 9:30~16:30
    ※入園チケットの発券は閉園の1時間前まで
  • 休園日
    年末年始(12/31~1/1)
    2月の第1月曜日とその翌日

明石海峡公園に持って行った方がいい持ち物

着替え、タオル

明石海峡公園には楽しい遊具や芝生広場のほかにも、水遊びができる場所があります。
夏場で水遊びをするなら、着替えやタオルを持って行くといいですね。

中には水着を着て遊んでいるお子さんもいました。必要であれば水着も持って行くといいと思います。

ワンタッチで広がるテントやレジャーシート

大型遊具がある夢っこランドの目の前には、芝生広場があります。
芝生広場ではワンタッチで広がるテントや、レジャーシートを持ってこられている方が多かったです。

明石海峡公園は広くて楽しくて、半日~1日中遊べると思うので休憩用に持って行くと便利です。

ちなみに小型テントは混雑時には持ち込めないものとして、明石海峡公園のホームページに記載があります。
公園持込み禁止品 | 淡路島 国営明石海峡公園

持って行ったのに使えなかったということにならないように、事前に確認してから行くようにしましょう◎ 

お砂場セット

明石海峡公園の夢っこランドには遊具や水遊びができる場所以外に、お砂場あそびができる場所があります。

国営明石海峡公園の砂場

写真ではかなり小さく見えますが、実際はもう少し大きいです。

お砂場あそびが好きな子どもさんって多いですよね。お砂場セットも持ち物の1つに入れておきましょう◎

明石海峡公園 夢っこランドの遊具

夢っこランドは風・花・水をテーマにした長さ130m、高さ14m、幅40mの関西最大級の大型複合遊具
すべり台やアスレチックがいくつもあって楽しい遊び場です。

子どもはサンダートンネルという、ぐるぐるした形のすべり台を何回もして遊んでました。

夢っこランドの遊具

サンダートンネルのすぐ隣にある四連スライダーというすべり台も、子どもたちが何回もすべって楽しそうに遊んでいました。

明石海峡公園は水遊びもできる

明石海峡公園の水遊び

明石海峡公園には「ウォーターツリー」「じゃぶじゃぶ池」という名前の、水遊びができる場所があります。

先ほど『持って行った方がいい持ち物』にも書きましたが、水遊びをされるお子さんは着替えやタオルを忘れずに持って行きましょう◎

春から秋にかけてオープンします。

芝生広場ではボール遊びもできる

国営明石海峡公園の芝生広場

明石海峡公園の芝生広場は、4.3ヘクタールもの広さがあるそうです。
(私は数字だけ見てもどれぐらい広いのか、パッとわかりませんが ^^;)

ボール遊びをしたり、犬のお散歩をしたり、たくさんの家族連れの方が遊んでいました。

明石海峡公園の可愛い乗り物「夢ハッチ号」

明石海峡公園には、夢ハッチ号という可愛らしい乗り物があります。
(ハチのイラストが描かれた電車のような乗り物)

淡路口駐車場近くの淡路口ゲートと、東浦大型駐車場近くの東浦口ゲートをむすびます。
明石海峡公園は広いので、夢ハッチ号に乗って一周するのもいいかもしれません。

お花が綺麗に咲くあたたかい季節に子どもと一緒に乗ってみたいです◎

  • 乗車料金 300円
  • 3歳以下 無料

※2019年12月1日~2020年2月29日 運休
※2020年1月2日~8日 夢ハッチ特別号が運行

明石海峡公園の近くにあるカフェ、ウェスティンホテル淡路「ルッチョラ」

子どもとたくさん遊んだあとは、パパ・ママも休憩タイムが必要ですよね。

ウェスティンホテル淡路の「ルッチョラ」というカフェが、明石海峡公園からもわりと近くて子ども連れでも利用できました。
夢っこランドからは歩いて行ける距離ではなかったので、車で行きました。

座席数は50席。
店内は吹き抜けになっていて明るくて、ゆっくり過ごせる雰囲気です。

ベビーカーのまま店内に入ることも出来ます。
子どもがお昼寝をした時など、ベビーカーをたたまずに入店できるのは助かりますよね◎

メニューは以下のようなものがありました。

  • ケーキセット
  • カレー
  • 淡路牛ハンバーガー
  • サンドウィッチ
  • ドリンク など

公園でたくさん遊んだあとに、ゆっくりお茶したいという方におすすめのカフェです。

さいごに


淡路島にある国営明石海峡公園。

夢っこランドへは淡路口駐車場が近くて便利。
公園に持って行った方がいい持ち物も、参考になれれば幸いです。

今回は夢っこランドをメインに遊びましたが、明石海峡公園にはほかにも「子供の森」という大きなジャングルジムの遊び場もあるようで。
次回は子どもの森にも遊びに行ってみたいです♪

冬の淡路島を楽しむなら、「淡路島・洲本温泉 海のホテル 島花に子供連れで宿泊してきました」の記事もおすすめです。