アートの島を観光する直島旅。草間彌生さんの南瓜。

直島にある草間彌生の南瓜
香川県・直島にある草間彌生さんの作品「南瓜」

子どもがもう少し大きくなったら、また行きたい場所、直島。

もう何年も前、子どもが生まれる前に行ったけど、子どもと一緒にもまた行きたい場所。
そんな直島旅のふりかえり。

直島へのアクセス

直島は香川県の島で、島全体が『アートの島』みたいになってる。
歩いて探索すると、アート作品とか美術館なんかがあちこちにあって、楽しくてワクワクする島。

直島行きのフェリー
直島へのアクセスは、宇野港(岡山県)からフェリーに乗って直島へ。
フェリーに乗って行くのもまた、楽しさが倍増する♫

小豆島に旅行に行ったときも、フェリーに乗っていったな~。

草間彌生さんの南瓜

直島にある草間彌生の南瓜
直島にある草間彌生さんの作品「南瓜」
かぼちゃの中に入ることもできる。

この記事の一番上の写真で登場したのは、黄色いかぼちゃ。

直島にある草間彌生の南瓜

下の写真は、京都(フォーエバー現代美術館)で以前開催されていた、草間彌生さんの作品展の南瓜。

草間彌生の南瓜
近くで草間彌生さんの作品展が開催されてたら、ぜったい見に行きたくなるんですよねー。

草間彌生の作品
「宇宙にとどけ、水玉かぼちゃ」
こちらもフォーエバー現代美術館(京都)での作品。

草間彌生の作品
フォーエバー現代美術館(京都)では、こんな作品もあった。
むずかしいことはわからないけど、草間彌生さんの作品って魅力的。

直島のアート作品や美術館

話をもどして、直島旅の続きを。
直島銭湯 I♡湯。

直島銭湯の外観
大竹伸朗さんという方が手がけた、実際に入浴できる銭湯。
I♡湯って書かれたタオルなんかも、販売されてた。

同じく大竹伸朗さんの作品で、家プロジェクトの「はいしゃ」という作品も印象に残ってるのに、写真がない(泣)

気になられる方は、「家プロジェクト | アート | ベネッセアートサイト直島」のページをご覧になってみてください◎

直島にあるアート作品
どどーん。
おおっきいゴミ箱の作品。

三島喜美代さんという方の「もうひとつの再生 2005-N」という作品だそう。
写真で伝わるかわからないけど、実物はかなり大きいサイズ感。

直島を歩いてたら、こういった屋外作品がいろんなところにあるのが楽しい♫

ベネッセハウスミュージアムの外観
ベネッセハウスミュージアム。
安藤忠雄さんが設計した、美術館とホテルが一体になった施設。

ベネッセハウスミュージアムの周りには、屋外作品がたくさんある。
屋外作品は、カラフルな作品が素敵で、子どもと一緒にもう一度見にいきたい。

ベネッセハウスミュージアムの詳細は、ベネッセハウス ミュージアム | アート | ベネッセアートサイト直島 で確認できます◎

地中美術館の外観
地中美術館。
こちらも安藤忠雄さんが設計した美術館。

モネの作品や、大きな球体が置かれた空間自体が作品になっているようなものもあった。
きれいな景色がみえる地中カフェもあったな~

開館時間や休館日などの情報は、地中美術館 | アート | ベネッセアートサイト直島 でご確認を◎

同じく安藤忠雄さんが設計・建築を手がけた『瀬戸内リトリート青凪』(愛媛県・道後)にも、いつか泊まりに行きたいな~と思ってる。

はまちのフライ、直島バーガー

直島バーガーのお店
maimai(マイマイ)というお店で、直島バーガーを食べたり。

直島バーガー
直島バーガーは、中身がお肉じゃなくてはまちのフライ。
パンはふわふわ。
おいしかった♪

岡山県にある後楽園へ

岡山後楽園の庭園
帰りは岡山県にある日本三名園のひとつ、後楽園によりみちしてから帰路へ。

日本三名園・・石川県金沢市の兼六園、岡山県岡山市の後楽園、茨城県水戸市の偕楽園

日本庭園はもちろんだけど、風鈴のトンネルも素敵だったなー。

さいごに

子どもがもう少し大きくなったらまた行きたい、直島旅を振りかえってみました♪

【フォーシーズンズ京都に宿泊】周辺でランチできるお店からお部屋の種類、プール、朝食までまとめ」や、
子ども連れでも宿泊できる。ゆっくり過ごせる落ち着いたお宿【城崎円山川温泉 銀花】
また泊まりたいホテル「ベラビスタ スパ&マリーナ尾道」子ども連れ旅行記」もよければご覧になってみてください。

最後までお読みいただいてありがとうございました。