【淡路島・洲本温泉 海のホテル 島花】冬の淡路島を子ども連れで楽しむ旅


海のホテル 島花の看板

(最終更新日 2020/1/19)

淡路島・洲本温泉 ホテルニューアワジグループのひとつ、「海のホテル 島花」に宿泊しました。
冬の淡路島を子ども連れでどのように楽しんだのか、振り返ってみたいと思います。

淡路島・洲本温泉 海のホテル 島花について


兵庫県 洲本市にある海のホテル 島花。
ホテルニューアワジグループのホテルのひとつです。

ホテルやレストランの評価を星の数で表したガイドブック、「ミシュランガイド」の兵庫 2016 特別版 ホテル部門では、「非常に快適」と評価される中でも特に魅力的であることを表す、”3レッドパビリオン”というものを獲得したホテルだそう。

ミシュランガイドでは、パビリオンマークというものによってホテルなどの快適さを分類。
1(適度な快適さ)、2(快適)、3(非常に快適)、4(最上級の快適さ)、5(豪華で最高級)の数字で、快適さとサービスのレベルを示す。

ちなみに、ホテルニューアワジグループのパビリオン一覧は、以下のようになっています。

  • 5レッドパビリオン
    夢泉景別荘 天原
  • 4レッドパビリオン
    ホテルニューアワジ
    あわじ浜離宮
  • 4パビリオン
    淡路夢泉景
    夢海遊 淡路島
    プラザ淡路島
    神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
  • 3レッドパビリオン
    海のホテル 島花
    渚の壮 花季

出典:海のホテル 島花 公式ホームページ

同じホテルニューアワジグループの「夢泉景別荘 天原」や「あわじ浜離宮」と比べると、島花はリーズナブルなお値段で宿泊することができます。

冬の淡路島、子どもの遊び場を探す

宿泊日当日、ホテルへ行く前にどこか子ども連れで楽しめるスポットはないか?調べていました。
しかし、宿泊日当日はとても寒い冬の淡路島。

祖母も一緒だったため公園で遊ぶなどはむずかしく、とりあえず神戸淡路鳴門自動車道の淡路SA(サービスエリア)に立ち寄りました。

スターバックスや観覧車があるサービスエリアです。

休憩がてら立ち寄ったのですが、小さな子どもの大好きなものたちがそこにはたくさんありました(笑)
観覧車乗り場前の、ファミリーアミューズメントです。

ドラえもんやトーマス、アンパンマンなどキャラクターの乗り物がずらり。
その横にはドッグランの広場もあります。

祖母には室内の売店やレストランでゆっくりしていてもらい、子どもはしばらくの間キャラクターの乗り物に乗ったり、わんちゃんを見たりと楽しんでいました◎

寒すぎる日以外なら、「淡路島 国営明石海峡公園」が楽しくておすすめです♪
>>「淡路島 国営明石海峡公園」が楽しい。夢っこランドへは淡路口駐車場がおすすめ。

淡路島ランチは海鮮食堂「魚増」にて

淡路島ランチは、海鮮食堂「魚増」というお店へ。
日曜日のお昼頃に到着すると、この日はすぐに満席になっていました。

座席はカウンターとテーブル席があります。

淡路島の海鮮食堂 魚増のたこの天ぷら

定食スタイルのランチで、たこの天ぷらが人気の様子。
美味しかったです!

子ども用の食器やスプーン・フォークなども貸していただけます。

海鮮食堂 魚増
(住所)兵庫県洲本市本町2-3-2
(営業時間)11時半〜13時半。ご飯がなくなり次第終了。
(定休日)火・水曜日 ※祝日は営業
(駐車場)7台

島花に宿泊すると洲本温泉の湯めぐりができる

ホテルに到着です。
駐車場はホテルの目の前にあります。

ホテルのすぐ近くにはファミリーマートもありました。

今回は少し大人数で宿泊したので、ファミリーグランデルームとオーシャンツインルームの2部屋。
ファミリーグランデルームには、ネスプレッソのコーヒーメーカーがありました。
(オーシャンツインルームにはなかったです)

海のホテル 島花のグラスボート

海のホテル 島花に宿泊すると、同じホテルニューアワジグループの「淡路夢泉景 天宮の雫」と、「ホテルニューアワジ スパテラス水月 淡路棚田の湯・くにうみの湯」の温泉にも入ることができます。

湯めぐりは島花の浴衣で行くことも可能で、専用のグラスボートに乗って向かいます。
専用グラスボートは夕方までの運行、それ以降は車で送迎をしてくださいます。

また島花にも霑(てん)という名前の展望浴室が、ホテルの最上階の6階にあります。
夜は展望浴室から星がとても綺麗に見えて、癒されました。

海のホテル 島花のキッズルーム

島花にはホテルの3階にキッズルームがあります。

海のホテル 島花のキッズルーム

おままごとセットや絵本、ボールプールなどがあって充実していました。

湯めぐりの際に「ホテルニューアワジ」へも行ったのですが、ホテルニューアワジにもすべり台などがあるキッズルームがあって、子ども連れに優しいホテルだなぁと思いました。

旅行先にキッズルームがあると、子どもを遊ばせてあげられるので嬉しいですよね!

島花の夕食・朝食

夕食は島花のレストラン 海菜美(うさみ)にて。
レストランはロビー階にあり、ホテルの最上階まで吹き抜けになっています。

海のホテル 島花の夕食

ロビーのすぐとなりがレストランになっているので、レストランというよりもロビーで食事をしているような雰囲気でしたが、季節柄、大きなクリスマスツリーが飾られていたのは綺麗でよかったです。

座席はソファー席もあり、子ども用いすや食器も用意してくださいます。

朝食は、ビュッフェか和洋食4種類の中から一人ずつ好きなものを選ぶスタイルか、どちらかをチェックインの際に選ぶことができます。
ビュッフェは1歳の子どもでも料金がかかるとのことでした。

海のホテル 島花に宿泊した感想

リーズナブルなお値段で宿泊でき、ホテルニューアワジグループ内の温泉へ湯めぐりができるというところが、魅力の島花でした。
キッズルームがあるのも、子ども連れには良かったです。

そのほかにも子ども連れ宿泊記をいくつか書いていますので、よければご覧になってください。

★城崎 円山川温泉 銀花([城崎 円山川温泉 銀花]宿泊記。子ども連れでも宿泊できる落ち着いたお宿

★GRAX HANARE 京都るり渓温泉(GRAX HANARE 京都るり渓|アメニティは何がある?お部屋にある飲み物など写真付きで紹介します

★フォーシーズンズホテル京都(フォーシーズンズホテル京都 宿泊記~お部屋の種類とプール、アクティビティ、その他

★ベラビスタ スパ&マリーナ尾道(ベラビスタ スパ&マリーナ尾道|子ども連れ旅行記

★コンラッド大阪(コンラッド大阪エグゼクティブルーム 子ども連れで宿泊してきました。