ウルフギャング・ステーキハウス大阪店のランチに子供連れで行ってきました

f:id:mmamalife:20190513161704j:plain

大阪・梅田のルクアイーレの中にある「ウルフギャング・ステーキハウス」に子供連れで行ってきました。
子供連れで行っても大丈夫なのか、店内の雰囲気などについて書いてみます。

ウルフギャング・ステーキハウス大阪店のランチタイム

店内は落ち着いた照明。ランチタイムは子供連れの方も結構いらっしゃいました。
座席はテーブルとテーブルの間隔が広めにとられている印象で、小さな子供連れでも快適に過ごせました。
 

ベビーカーは店内に入る前にあずかってくださり、席に着くと子供用のいす、子供用にストロー付きのお水なども用意してくださいます。

 

ランチコースを注文するほどの量は食べきれないので、単品で注文。
以下のものを注文しました。

・リブアイステーキ
・ロコモコ
・”ステーキフライ” フライドポテト
・ドリンク

+パンは席に着くと用意してくださいます。

 

注文する際にあまり量が食べられないということをお店の方に伝えると、「ポテトをハーフサイズにすることもできますよ」と教えてくださったので、ポテトはハーフサイズで。

 

結果ハーフサイズでも少し残ってしまいましたが、通常の量だともっと残してしまっていたのでちょうどよかったです◎
ちなみに帰り際、残ったお料理は「お持ち帰りされますか?」とお店の方が聞いてくださいました。いいサービスだなと思います。

f:id:mmamalife:20190513161624j:plain

↑この量でハーフサイズ

フライドポテトはちょっと太めで外はカリッと、中はほくほくしていて美味しかったです。

ロコモコは、一人前を2つのお皿に取り分けてから持ってきてくださるなど、感じの良い接客をしてくださるスタッフの方でした。

f:id:mmamalife:20190513161645j:plain

ロコモコは子供用に注文したんですが、ハンバーグが肉々しいかんじのハンバーグだったので(あくまで個人的な感想です)うちの子供はあまり食べませんでした ^^;

 

近くに座っていらっしゃったご家族連れの方が、お子様メニュー?(ミニハンバーガーのようなもの)を召し上がっていたのでお店の方に尋ねてみると、メニューには載っていないそうですが、お子様ランチみたいなものも用意できるとおっしゃっていました◎

 

リブアイステーキにはマッシュポテトとクリームスピナッチが付いてきます。
クリームスピナッチが美味しかったです!

お腹は12分目。笑
ごちそうさまでした。 

ウルフギャング・ステーキハウスの本店は?

ウルフギャング・ステーキハウスは、ウルフギャング・ズウィナーという方が2004年マンハッタンに創業。
ニューヨーク、ワイキキなどにお店があり、日本では六本木店が日本国内1号店だそうです。

 

USDA(アメリカ農務省)の格付けで、最上級の品質と認定された「プライムグレード」の牛肉を専用の熟成庫で長期熟成。

 

牛肉は熟成が進むと肉自体がもつ酵素の働きで、肉質がやわらかく変化。
同時にタンパク質が分解されてうまみ成分のアミノ酸が増す。
この長期乾燥熟成によって柔らかい食感と旨味が増したお肉を厚切りにして、900℃のオーブンで焼き上げている。

 

看板メニューは、サーロインとフィレを一度に楽しめるプライムステーキだそう。
参考:Wolfgang's Steakhouse ウルフギャング・ステーキハウス - Official Website

ウルフギャング・ステーキハウス大阪店の場所・座席など

住所
大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクアイーレ10F

 

アクセス
JR大阪駅から直結

電話番号
06-6136-5658

営業時間
11:00~23:00(22:30 L.O.)

座席
ダイニング90席、個室14席、バー・カウンター12席

 

子供連れでも利用できて、気持ちのいい接客をしてくださる、そして美味しいお肉を頂ける「ウルフギャング・ステーキハウス大阪店」のご紹介でした。